低燃費住宅に必要な第4の要素

低燃費だい4

低燃費住宅に必要な第四の要素
家には、サンバイザーを被せましょう。

理想の家というのは、夏涼しく、冬は暖かい家です。
その為には、設計時に軒や庇、方位や窓の位置などをしっかりと考慮することが大切。
ところが、この太陽のエネルギーを設計時に活かすパッシブデザイン」が出来る
工務店やハウスメーカーは驚くほど少ないのが現状です。

夏場西日は太陽熱の40%が、午後のわずか3時間の間で降り注いでいます。
よって、建物の西側には何らかの日射遮蔽対策を施す必要があります。
この夏の強い日差しを部屋の中に入れてしまうと、当然冷房コストが上がります。
低燃費住宅は断熱材を厚くして、保温性が良くなっていますので
日差しを遮る工夫をしなければ、夏場の室内は蒸し風呂状態になってしまいます。
逆に冬場は、強力な太陽の熱を室内に取り込めば取り込むほど
暖房にかかるコストは下げることが出来ますよね。

では、夏に日差しを遮って、冬に日差しを取り込むにはどうしたらいいのか?
方法はとってもシンプル、高価な機械やシステムは一切必要ありません。

・敷地内の建物の向きを工夫する。

・冬の太陽熱を最大限取り込めるように、窓の上にある庇の長さを工夫する。

・夏の太陽熱を避けるため、屋根の掛け方を工夫する。

など、設計時のちょっとした工夫で、冷暖房コストは大きく削減出来ます。

軒や庇をなくすと、どうなるの

最近はデザイン性を追求した結果、軒や庇のないオシャレな家がとても増えていますよね。
でも、あれだけは絶対にやめて下さい

地球が斜めに自転している関係で、夏の太陽の高度は高く、反対に冬は低くなっています。
そのため「庇」をつけておくと、夏と冬の太陽の高さの違いから
夏には太陽の熱を遮り、冬は太陽の熱を室内に取り込んで暖めるという調節が出来ます。
昔から、軒や庇は家の「サンバイザー」として太陽光を調節し、
自然の冷暖房のような役割を果たしてくれているのです。

この軒や庇を、格好悪いからといって外してしまえば、どうなるかはお分かりですよね?
夏場は日差しが当たり放題で、室内は蒸し暑く、
冷房を付けっぱなしにしなくては居られないような、「高燃費」の家になってしまうのです。

Copyright © 2012 WAU. All Rights Reserved.