低燃費住宅に必要な第6の要素

7dai_title06

低燃費住宅に必要な第六の要素
低燃費100年長持ちする住宅が実現。
異常なほど短命な、日本の住宅。

あなたは、日本の家の寿命を知っていますか?
日本で戦後に建てられた木造住宅の寿命は約30年
国土交通省の統計データでは、更に短く26年とされています。

さまざまな統計データがありますが、おおむね30年程度で
建て替えられているのが一般的なようです。
これを世界基準で見ていくと、どうでしょうか?

アメリカ・・60年
ドイツ ・・80年
イギリス・・100年

どこも日本の2〜3倍、寿命が長くなっています

ちなみに、低燃費住宅のルーツとなっているドイツは80年となっていますが
これは第二次世界大戦で大半が焼失してしまったから、短くなっているそうで
実際に現地を見ると、築数百年の建物が今でも現役でゴロゴロしています。

さて、なぜ日本の家だけこんなにも寿命が短いのでしょうか?
一言で言うと、高温多湿な環境の影響で「家が腐る」からです。

多くの場合、壁の中が結露する「壁体内結露」に
よって家が腐り、30年しか持たないのです。
残念なことに、この壁体内結露対策をしっかりと行える
工務店やハウスメーカーはほとんど存在しません。

デザインやコストダウン等の、目先の利益にばかり目が行ってしまい
壁の中の温度や湿度を真剣に考えている、本物の造り手は皆無に等しいです。
世界的に見ても稀なほど、高温多湿な環境を持つ日本で
100年以上持つ低燃費住宅を造ろうと考えれば、どうしても手間はかかりますし
それなりのコストはかかってしまいます。

安さだけを追い求める、ローコスト住宅メーカーが今流行っていますよね。
長持ちしない安い材料を使い、技術の未熟な職人たちに
短期間で手間をかけずに造らせれば、安い家が早く簡単に出来るでしょう。
その結果、30年も持たない家が日本中にはびこってしまうのです。

 

35年の住宅ローンを払い終わる前に、家の寿命が来る・・

しかし、あなたは目先の値段だけに惑わされないで欲しいのです。
おそらく「住宅」というのは、あなたの一生で最も高価な買い物ですよね?
35年のローンを組んで、購入した家なのに、30年で寿命が来てしまう…
ローンがまだ残っているうちに、建て替える必要があるというのはあまりに
バカらしいとは思いませんか?

長期的な視野で、冷静になって考えてみて下さい。
自分たちが使うだけでも、おそらく2回は建て替えなくてはなりません
もし、あなたの子供が受け継ぐことを考えると、4回も建て替えることになります
これはローコスト住宅だったとしても、6,000万円以上の費用がかかります
メンテナンス費と光熱費を合わせると約1億円近くの投資です。

一方で、100年以上持つ住宅を造ったとすると、まずあなたが生きているうちは
建て替えの必要はありません。数回のリフォームのみで済みます。
ざっと計算しても、約6,000万円もあれば十分です

 

子供に遺せる本当の資産。

考慮すべきは建て替えにかかるコストだけではありません。
これからの日本では、将来のエネルギーコストの上昇リスクを考えておく必要があります。
低燃費住宅の一番のメリットは、光熱費を安く抑えることが出来ること。
将来、急激なエネルギーコストの上昇があり、光熱費が2倍になったとしても
生活が破綻することを防ぐことが出来るのです。

目先のコストだけを考え、

安かろう悪かろうの選択をすることは絶対に避けて下さい。
新築時に、少しだけ頑張って長持ちする低燃費住宅を造っておけば
将来の安心と快適な暮らし、そして子供にも遺せる大きな財産を手に入れることが出来ます。

 

Copyright © 2012 WAU. All Rights Reserved.