低燃費住宅に必要な第5の要素

7dai_title05

低燃費住宅に必要な第五の要素
熱を貯める、貯金箱を作りましょう。

家も人間と同じ。
お金が貯まる体質・習慣を持つ人は、どんどんお金が貯まっていき、
逆にもともと浪費癖のある人は、いくら頑張ってもお金は貯まらない
どういうことなのでしょうか?

お金を「熱」に置き換えて説明していきます。
高断熱・高気密で夏も冬も気温を一定に保つ工夫をしたら、
あとは家の中に熱を貯める仕組みが必要です。

「家の中に熱を貯める?」
あまり聞いたことがなく、イメージがしにくいかもしれません。

あなたは「蔵」をご存知ですか?
あなたが白壁の「蔵」に入ったことがあれば、お分かり頂けるかと思いますが
外気温が35℃近くある真夏日でも、蔵の中は「ひんやり」としていますね。
原理はあれと同じです。

 

まず建物の「浪費癖」をなくすことから。

夏場は、夜間に冷えた冷たい熱を家の中に貯めておけば
日中に外から入ってくる熱を、吸収してくれます。
※(換気や通風の為、たとえ高断熱・高気密でもある程度の熱は入ってきます。これは正常な働きです。)

冬場はその逆で、日中に太陽から得た熱を、家の中に蓄えておけば
夜の室温低下を抑えてくれます。

家の中に熱を貯蓄出来る「貯金箱」の働きをするのは
室内の表面に出ている、壁・床・天井などの建材です。
熱をより多く貯めておけるような素材を使用すれば、エアコンを使わなくても
蔵のように快適な空間を作ることが出来るのです。

ただし、条件として断熱性能が低くて、熱が漏れてしまう家では
熱を蓄えることはほぼ不可能です。
「浪費癖」のある人がお金を貯められないのと同じ。
まずは建物の「浪費癖」を抑える。

つまり断熱で、熱を逃がさない造りにしなくてはなりません。
熱を貯めるには、室内の表面だけでなく、

建物全体の断熱性能を高めることが不可欠なのです。

Copyright © 2012 WAU. All Rights Reserved.