低燃費住宅に必要な第7の要素

7dai_title07

低燃費住宅に必要な第七の要素
エネルギーパスで、家の偏差値を知る。
建物の設計が終了したら、必ず「エネルギーパス」でチェックをしましょう。
これまで述べてきた①〜⑥の要素がしっかりと問題なく盛り込まれているか
チェック出来るのが、この「エネルギーパス」なのです。
分かりやすく言うと、「エネルギーパス」は家の「偏差値」。
せっかくですから、偏差値の高い家を選びたいですよね!

では、この「エネルギーパス」についてもう少し詳しくお話ししていきましょう。
日本では、ほとんど聞くことのない「エネルギーパス」という言葉。
住宅先進国のドイツでは、ずいぶん前から当たり前のように行われてきました。
1977年(第一次オイルショック)以降、燃費計算をしなければ
住宅の確認申請が下りなくなりました。

さらに、2002年には家を借りるとき・売るとき・建てるときに
エネルギーパスを求められたら、表示しなくてはならないことが義務づけられました。
ちなみにEUでは、2008年からすべての国で義務化されています。

日本では、一般社団法人日本エネルギーパス協会が唯一提供をしています。

http://energy-pass.jpn.org

「エネルギーパス」とは、家の燃費計算書です。
周囲の気象条件や風邪の流れ、周辺の建物の高さ使用している材料などから
あなたの家が1年間で「冷房」「暖房」「換気」「給湯」「照明」にどのくらいの
エネルギー量が必要かを算出して、年間の光熱費までも明示出来る仕組みなのです。
もし、低燃費住宅に必要な①〜⑥の要素が守られていない設計のまま
エネルギーパスで燃費計算をすると、とてつもなくエネルギーを「浪費」する
家としての評価が出てくることになります。

ただし、ココで燃費計算を行うことで、間違っている点を修正することが可能ですので
慌てることはありません。

 

車よりも遥かに重要な、家の燃費。

今、車や家電には必ず「燃費表示」がされています。
燃費の良いエコカーは、飛ぶように売れています。
おそらくあなたも、車を選ぶときには燃費を調べますよね。

ではなぜ、一番高い買い物である

「住宅」については燃費の確認をしないのでしょうか?
これは、住宅業界の意識の欠如。大きな問題です。

試しにあなたが今、購入を検討されている工務店やハウスメーカーの担当に
「私が買おうとしている住宅の燃費はいくらでしょうか?」と質問してみて下さい。
おそらく答えられないと思います。

答えられないのに、その家を買うのはとても「危険」なことだと認識して下さい。
ちなみに、「光熱費が年間10万円です」という回答は燃費ではなく
年間光熱費ですので、誤解しないで下さいね。

これは、車に例えると「一ヶ月に1万円くらいのガソリン代」と言っているのと同じ。
一ヶ月にどのくらいの距離を走ったかが分からないと、燃費がいいかどうか
公平な判断は出来ません。
同じ一ヶ月1万円でも、100㎞走ったのと300㎞走ったのとでは、燃費は全然違います。
家も同じです。
年間を通じて、室温を快適に保つことが出来て10万円の光熱費だったのか。
暑さや寒さを我慢して、ギリギリまで節約をした結果10万円の光熱費だったのか。
どちらかで、意味はまったく違ってきます。

共通の条件のもと、公平に評価をしないと低燃費かどうかを測ることは出来ません。
その為の共通の「ものさし」として、

「エネルギーパス」は開発されたのです。

 

 

Copyright © 2012 WAU. All Rights Reserved.