低燃費住宅に必要な第3の要素

低燃費住宅第3要素

低燃費住宅に必要な第三の要素
家には、ウインドブレーカーも必要。

家には「あったかいセーターを着せてあげる必要がある。」と第二の要素で
述べましたが、実はそれだけでは不十分なのです。
人間に置き換えて、少し考えてみましょう。
真冬の風の強い日に、分厚いセーターだけで外出したらどうでしょう?
風が吹くたびに、セーターの隙間から冷たい空気が入ってきて凍えてしまいますよね。
だからあったかいセーターを着たら、その上に風を通さないウインドブレーカーを
羽織る必要がありますね。
家も、これと全く一緒。

ウインドブレーカーは「気密性能」にあたります。
気密性能とは、簡単に言えば「どれだけ隙間のない家か」ということ。
気密性能は、断熱性能とセットで、低燃費住宅の極めて重要な要素です。
いくら断熱材を分厚くしても、気密性能が悪ければ効果は半減してしまいます。

冬、足下がスースーする家はダメ

あなたのお家は、「足下がスースーする家」ではありませんか?
冬にいくら暖房をつけても、足下が寒い!
これは、すきま風が吹き込む、典型的な「低気密住宅」。
気密の低い家は室内の上下温度差が大きくなるので、暖房をいくらかけても
底冷えしてしまう、不快な家なのです。

日本では床暖房が人気ですが、これは低気密な家が多いため、足下が暖まらないからです。
日本では、「気密」をおろそかにした家作りが蔓延しています。
気密性能に重きを置かず、「中気密高断熱」がいいという誤った考えを持っている
建築家や工務店が、未だにたくさんいます。
しかし、実際に「中気密高断熱」という状態はありえません。
気密性を高めずに、ただ断熱材を厚くしても、すきま風は防げないからです。
つまり、「中気密・高断熱」は実際には、「中気密・中断熱」へと
ランクダウンしてしまうのです。
これはただの断熱材のムダ。建築のプロとして失格の「施行ミス」です

低気密状態がカビを発生させ、木を腐らせる…
足下をスースーさせてしまう「すきま風」を「漏気」と呼びます。
この「漏気」は、風通しを良くするための「通気」とは全くの別物。
特に冬のすきま風はとっても寒くて、不快ですよね。
冷房や暖房で、せっかく調節した室内の空気を室外に捨ててしまい
大きなエネルギーのムダを発生させます。
光熱費はどんどん上がっていきます。

 更に、そのときに室内外で発生した湿気を壁の中へ運ぶことで壁の中にカビを発生させたり、
木を腐らせてしまいます。残念なことに、今の日本では「何となく気密は息苦しそう」など
という誤ったイメージから、隙間だらけの家が数多く建てられています。
気密の意味を理解していない人が未だに多いのが、日本の住宅が世界と比べて、
異常なほどに寿命が短い一つの要因と言えるでしょう。

 

Copyright © 2012 WAU. All Rights Reserved.