住宅履歴制度

住宅履歴制度の役割とは、簡単にいえば、

住宅資産価値の判定のための根拠となるべき資料を保存するときのルール化です。

どのような設計がされ、どのような施工がされたのか、また、

引き渡し後にどんなメンテナンスがされたのかなどの資料をきちんと保存している住宅に対しては、

将来、適正な資産価値判定ができる仕組みをつくっていこうというわけです。

ただし、言うまでもなく住宅履歴書があるから価値が高まるのではありません。しっかりと維持管理がなされ、

それを証明する住宅履歴書があることによって、その住宅の価値が高く評価されるということになります

いよいよ動き出した住宅履歴制度ですが、すでに一部の住宅建設の場面では、

必須事項として取り組まなければならなくなっています。

具体的には、長期優良住宅の認定を受ける場合と、

国土交通省の補助事業「木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)」

「既存住宅流通活性化等事業」により補助金を受けようとする場合です。

なかでも木のいえ整備促進事業では、原則として情報サービス機関を利用した履歴情報の蓄積をする必要があります。

住宅履歴制度の大きな目的は、将来お客様が住宅を売るときの価格査定のアップです。

住宅履歴情報がしっかり蓄積され、メンテナンスもちゃんとなされていれば中古住宅の査定でプラス評価がされるように

評価方法が変わってきています。

また、住宅の売買という遠い将来の話だけではなく、設備機器や部品の品番なども管理されるため

メンテナンスのコストを事前に予測できるメリットもあります。

数年前に社会問題となったガス給湯器のリコールのような場合にも、すばやく対応ができるようになります。

Copyright © 2012 WAU. All Rights Reserved.